武井観光スタッフブログ/東京・千葉の観光バス・貸切バスは千葉県千葉市の武井観光

武井観光スタッフブログ

HOME > 武井観光スタッフブログ

細心の注意を

関西の協力会社さんから注意喚起のための

写真が送られてきました。

IMG_3959.JPG

IMG_3960.JPG

同日ではないのですが、かなりの高確率で

脱輪している危険地点とのこと。

奈良の春日大社のバス駐車場です。

車止めを設けるなり、管理側も何か対策を立てるべき箇所

でしょうが、きちんと停車している乗務員さんがほとんどなので、

手つかずだそうです。

ミラーをしっかり見て、何ならバスを降りて

直目視も時には必要ですね。

こうなったら、自分が嫌になりそうです。

トイレの神様のところの

お客様のご依頼でルート設定をしているときに、

伊豆の明徳寺を入れようとして、現場の写真を

グーグルマップで見ていたところ、主らしき方を

見つけました。

1805221.png

もう少し寄ってみると、

1805222.png

きじとらのようです。

実際にここに住みついていいる門番的な猫とのことです。

自社仏閣の猫は高貴な感じがします。

そして、十二支にはいないものの、入っていても

おかしくないと感じます。

そして、うちの猫は夕べ、テントウムシを食べていました。

あと10日ほど

で、外環がつながります。

湾岸の高谷JCT付近ではバリケードこそあるものの、

舗装、ペイントも終わっていて、いつでも開通できる印象です。

特設サイトも開設されています。

180521.png

三郷南~高谷の各IC、殊に京葉JCTは仕組みが複雑そうですので、

円滑に通行するためには事前に予習をしておく必要がありそうです。

ともあれ、千葉から埼玉、栃木、群馬に行くのに都心を迂回して

移動できるのは結構魅力的です。

ただし、外環も戸田付近が慢性的に渋滞しているので

そのあたりが蓋を開けるまで心配です。

http://www.gaikando.jp/outline/

 

おそらく

母猫の体内にいるときに、両方揃った状態でデザインされているのでしょう。

と言いますのも、うちの猫助が超くつろいでいるところを

撮ったのですが、両腕が合わさった状態で成立している

柄のようです。

180520.png

これみよがしにポーズをとっていましたが、

おそらく、「見てみぃ」とでも心で言っているのでしょう。

うまいこと、飼い主に伝わったようです。

 

 

丸揚げのご紹介

千葉そごうで現在、北海道物産展をやってます。

3日ぶりに自宅に帰ってみると、ごちそうが

用意されていました。

IMG_3950.JPG

小樽なると屋の若鶏半身揚げです。

丸だと大きすぎるので、こちらでは半身を

丸揚げして売ってます。

自宅ではフライヤーがないので、こういった時でないと

食べる機会がありません。

きれいにさばいて、ほとんど一人で食べつくして

しまいました。

もうしばらく開催しているようですので、

近所の方は、千葉そごうにレッツらゴー。

万世大路

と聞いてピンとくる方は、道マニアです。

明治時代に開通した栗子峠を越える道です。

今でも歴代隧道が山の中にひっそりと

口を開いています。

先程、道の駅米沢に立ち寄ったところ

いいものがフリーペーパーとして置かれて

いましたので、取ってきました。

CC880413-2F50-4547-A8E0-6E1F51D9E791.jpeg

山形県発展のために福島への道を通す。

当時の人たちが力を合わせて開削して

くれた道です。

時代は流れ、2世代、3世代と環境が改善され

現在は東北中央自動車道が開通し

短時間で移動できるようになりました。

礎を築いてくださった先人には頭が下がる

ばかりです。

そのような訳で、時間を見つけてはそのような

産業土木遺産を実際に見に行っていますので、

今回散策マップを入手できたことは非常に

ラッキーでした。そして、さらに情報を得ようと

山形県のホームページを見たところ、

5267C07A-D248-497F-B0B4-50B5BE4F9479.jpeg

「栗子隧道は山深く、立ち入りは困難で、

見学不能」

ですって。

どうよ。

 

生麦事件

西郷どんを観るようになって、当該時代の

いろいろな出来事や事件に興味を持ち始め

ました。ちょうど吉村昭さんの「生麦事件」

を読了したところで、そういえば、生麦に

私設の資料館があったことを思い出しました。

生麦参考資料館というところです。

で、次の休みに出向こうかと思い

サイトで見たところ、何と4年前に閉館

されていました。何でも施設長が高齢の

ためとのこと。但し、資料自体は保管されて

いるようでして、ご主人の体調次第では

見学できるみたいなことが書かれていました

ので、明日早速電話してみることにします。

どんな施設でも、知った時に訪問しておく

べきだと、今回改めて痛感いたしました。

柳川

訳あって柳川に来ております。

柳川といえば川下りが有名ですので

小舟をチャーターしました。

BAB222BE-C000-4DF8-8939-2BDD966C50C3.jpeg

船頭さんは大ベテランの親父さんです。

詳しい案内をしながら、時折

この地域馴染みの歌をいい声で

聴かせてくれます。

縦横に走る水路を右へ左へと

舵を切り、いくつかの橋をくぐり

進んでいきます。

8575E534-715A-495F-94CD-949985C2555A.jpeg

たっぷり1時間の舟旅。

下船したら、名物のうなぎのせいろ蒸し

などいかがですか?

プードルさん

諏訪湖で休んでいたところ犬が

寄ってきました。

 

IMG_3897.JPG

カラフルなプードルでおなじみの

バス会社さんです。

マスコットだけが先行して正式社名を

知らない方が多いと思いますので、

きちんと教えて差し上げます。

東栄運輸株式会社さんです。

観光バス部門の他に、デカものの

輸送も行なっていらっしゃいます。

さてプードルさんですが、結構いろんな

色がありますので、気に留めてみるのも

楽しいでしょう。

選手交代

昔から使っていたものは、そのまま使い続けているものです。

そろそろ梅雨に入りますので、バスのシールド雨滴はじき剤を

塗りこみました。これまでは、ガラコを使っていましたが、

「塗って、乾燥を待たずに、乾きタオルで拭くだけ」という

コピーにつられて、CCIさんのスマートビューってのを

買ってみました。

180512.jpg

塗ったそばから拭いていけるので、施工時間がこれまでより

短縮できます。

どうやら、明日以降の天気が思わしくないために、

早速成果を確認できそうです。

それにしても、今でこそ、広めのフェルトで塗りやすくなってますが、

昔は、ティッシュに数滴たらして塗り広げていましたよねぇ。

アーカイブ

このページのトップへ

最近の画像